読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこひげは恋の落とし穴

世界最強で最高のGreat5を全力で応援しています

幕が開く瞬間

 

来月から始まる今年のえび座を前に

去年のABC座2015を振り返ってみる。

 

 

日生劇場という、コンサート会場に比べたら狭すぎるくらいの会場。私にとって初めてのABC座。その日の記憶は今も忘れられないです。

 

 

1階席後列どセンターど真ん中。なかなか見やすいお席で幕が開くのを待っていた。コンサートとは違った、独特な雰囲気。始まりの合図とともに会場が静まり返る新鮮な感覚。幕が開くと、キラキラしたステージの上で光り輝く5つの星。恥ずかしながら、私にとって、初めて自分の目で観る5人の舞台。幕が上がったその瞬間、眩しすぎて、美しすぎて、この時点でもう涙がこぼれてきた。

 

 

センターのお席で双眼鏡を構えると、舞台上の彼らと目が合っている錯覚に陥るんです。戸塚くんがステージのセンターに立って客席に向かって言葉を発してる時、双眼鏡越しに目が合っているんですよね。(ただの錯覚)その時の彼の目力、眼差しといったら。完全に心の中全部持ってかれた感覚でした。俺から目をそらすなよと言わんばかりの目力。双眼鏡越しに見ていた私は、その目力に耐えられなくなった。そして構えていた双眼鏡を静かに下ろしてしまった。完全なる乙女モードに入ってしまった。直視できないくらい。帰りの新幹線では、食欲もなくなるくらい、彼のあの眼差しを思い出すだけで胸がチクチクしてご飯が喉を通らなかった。

 

 

 

目力。目力と言えば、彼は目で演技をすることがとても秀でていると思うんですよね。

去年の夏に放送されていた『癒し屋キリコの約束』

このドラマでの戸塚くんの『目』はすごく印象的だった。

 

涼がキリコを襲おうとするシーン。彼は少年の目をしていた。戸塚祥太ではなく、完全に上山涼になっていた。どこか幼くて、でも芯が通った大人な目。でもそこから溢れてくる涙に、気づいたら私も涙が溢れていた。 

 

あんなに綺麗な目を、綺麗な涙を初めて観た気がした。

 俳優・戸塚祥太を、この先もいろんな場面で観ていきたいと思う。 

 

 

そして幕が開く瞬間のあのなんとも言えない感覚を、これからもずっと。

彼が紡ぐ言葉

 

戸塚くんの言葉は、スッと自分の中に入ってくる気がしたんです。でもどこかグッとくる。

ストレートではあるけれど、どこかクセのある、噛めば噛むほど味が出る、そんな感じ。過去のジョーダンバットを遡って読むべく、私は雨の中、図書館に走ったのを思い出しました。コピーをして家に持ち帰り、読みました。

 

 

それから彼の10000字インタビューを読みました。

 

『自己主張できないんで、外から見たらマジメって印象が強いのかなって思うんですけどね』

 

私と一緒だ。そう思って一気に彼に親近感を覚えました。自分の意見はしっかり持っているんだけど、主張はできない。発信するより聞き手にまわる。でも、戸塚くんほどの真っ直ぐさ、強さは私には無い。近いけど遠いなあ。そう思った。

 

 

 

そして

 

『俺、絶対飛びますよ。』

 

この最後の一言で、私この人にずっとついてきたい、ABC-Zを大切にしたいって思いました。コイツ何言ってんだって思われるかもしれないけど、彼らからは無限の可能性が感じられるんです、絶対飛べるって思った。自己主張しない私がここまで自信を持って言ってるんだからね!

 

私の、目立った色のない質素だった日々に、キラキラした色をつけてくれた彼らはきっとこれからも、もっとキラキラした眩しい色をつけてくれるでしょう!眩しくて見えないくらいに!

 

記念すべき。

 

考える事が好き。

書く事が好き。

読む事が好き。

 

国語は勉強をしなくても

そこそこの成績が取れた。

 

『たろちゃんの書く言葉は心があったかくなるよ。』

そう言われて気づいた。あぁ私、文章を書くのが好きなんだ。

 

嫌な事があったら本屋さんに行った。

長くお付き合いをしていた彼に振られて心にぽっかり穴が空いた時にも。私は本屋さんに行っていた。ひたすら本を読んだ。気になる本があれば手に取ってみた。本だけは、お金を惜しまずに買っていい物だよと母の教えだった。

 

 

 

そんな私と戸塚くんとの出会い。

本屋さんでたまたま立ち寄った文芸誌コーナー。目に止まった『戸塚祥太』の文字。ダヴィンチの連載。見た事があったこの名前。確かジャニーズのグループに居た。顔の綺麗な人だった気がする。どんな人なんだろう。どんな連載をしてるんだろう。

 

何気なくそのページを開いたその日から、私は、ABC-Z・戸塚祥太という深い沼の底に落ちて行きました。