ねこひげは恋の落とし穴

世界最強で最高のGreat5を全力で応援しています

ジャニヲタOLの私が選ぶ 家に置いておきたいジャニーズJr. 3選

 

 

3月がもうすぐ終わり、4月ですね。

4月といえば新生活が始まる方も多いのではないでしょうか。新社会人のみなさんご就職おめでとうございます。学生のみなさんご入学、ご進学おめでとうございます。

 

さて。私といえば4月から社会人3年目を迎えるOLさんです。特に変わらず毎日通勤電車に揺られ、出社し、退社し、電車に揺られ帰路につく。そんな代わり映えのない日々がこれからも続くわけです。はい。この春からも。仕事で疲れ、家に帰っても、だいすきな人が待っているわけでもなく、洗濯物入れる、ご飯食べる、ヲタ活する、お風呂入る、寝る、そんな毎日です。(可哀想なOLだって?いやいや、ジャニーズに、A.B.C-Zに毎日元気と幸せをもらって案外楽しい毎日ですよ!)

 

ABC座2016 株式会社応援屋 の取材の際、我らがA.B.C-Zのセンター「はっしー」こと橋本良亮くんは言いました。

 

(*б_б)「OLさんを応援したい」

(*б_б)「疲れてるOLさんを包み込んであげたい」

 

( ドーーーーーーーーーン!!!!!)

 

それは私たち疲労困憊OLの疲れ果ててベルリンの壁のごとくカチカチのコンクリートのような心が一気に崩壊した瞬間であった。( 大袈裟 )天使ですか!!!!!電車で疲れたOLさんを見てはしちゃんがそう思ってくれるなら!!!!帰りの電車も苦じゃないです!!!!!!!毎日がんばるね!!!!ありがとう!!!(単純)

 

 

おおきいわんわんこと橋本良亮くんが、家に帰っておうちに居てくれたらどんなに幸せか....しっぽブンブン振って待っててくれるのを想像したら私はもう何が何でも定時で仕事を切り上げてダンボール一杯のキャベツ太郎を担ぎながら最寄駅から家までを爆走するのに。

 

 

さて。最近よくジャニーズファンの方々がジャニーズJr.をランキング化するブログを書かれているのをみて、おもしろそう!ジャニーズJr.って沼深いですもんね!!!と、勝手に首がもげそうになるほど頷きながら読んでいました。私はA.B.C-Zのファンでありますが、今回はジャニーズJr.にスポットを当て、ジャニヲタOLが選ぶ家に置いておきたいジャニーズJr.3選を発表したいと思います!!!!(ドンドンパフパフ)

3選かよ!少なっ!って思いましたよね、すみません。許してください。では!いきます!

 

 

 

①snowman 渡辺翔太くん

本題に入る前に渡辺くんはですね、なんといっても顔がタイプなんです。The 塩顔。私が渡辺くんを知ったきっかけはKis-My-Ft2のライブDVDを友人と観ている時にバックについている彼を見つけた時。

 

「なっ!!!なにあの人!!え!ちょ、まっ!!!誰!!めっちゃタイプ!!!!!」

 

必死に調べてみると、なんと、自分と同い年!!!!!そして!!!!生年月日も同じ!!!!運命じゃん!!!同じ日に私たちはこの地球に!!!産声を上げたなんて!!!運命じゃん!!!!!!!ありがとう!( 黙れ )

 

そんなこんなでずっと渡辺くんは私のリア恋枠という枠であったのですが、最近になって「リア恋枠」から「ヒモ彼氏」枠に昇格です!!おめでとうこざいます!!!( ? )

( ※果たしてこれは昇格なのか) 

 

仕事から家に帰ったら、電気もつけず真っ暗な部屋でゴロゴロしてる渡辺くんに「やっと帰ってきたわ〜〜おなかすいて死にそう〜〜」「帰ってくんの遅くね〜〜?」とかぶつくさ文句言われたいです。疲れて帰ってきてるのに文句言われるからめっちゃムカつくんだけど顔がかっこいいのと話が面白いので許してしまいますヒモ彼氏枠認定です。おめでとうこざいます( ? )(※2回目)

 

イライラして洗濯物くらい自分で入れてよね!なんてブツブツ言ってたら「俺が居なくなってもいいの?平気なの?」とか言われるので全力で、すみませんもう言いませんごめんなさい何もしなくて良いから居てください....なんて言っちゃいそう.... そしたら「やっぱ俺がいないとダメなんじゃん?」ダメダメOLですわ....

 

 

② Prince 岸優太くん

 

岸くんを嫌いな人なんているの!?国民の弟!岸優太くんです!

 

家帰って、玄関ドアの鍵をガチャってした瞬間にすごい勢いでバタバタと、それこそ子犬みたいに玄関前まで走ってきそう。かわいい.....「シャッス!!!!!オカエリッス!!!!!ウッス!!!!!!」とか言いながらすごい出迎えてくれそう。もはや産みたいです、岸くん。私の息子になってください。なんでも買ってあげる。お弁当の卵焼きは甘いのがいい?甘くないのがいい?タコさんウインナー入れておこうか??「タコサン!!!タコサンッスカ!!!!!ッシャス!チョ-ウレシイッス!!!!ザッス!!!!」どんなお弁当でもめちゃくちゃ喜んでくれそうな岸くんと一緒に生活したらめっちゃ楽しそう。

 

牛乳切れたからそこのスーパーで買ってきて!って1000円渡すから余ったお金で好きなお菓子買っといで!!!!って送り出したいです!!!!!

 

 

Travis Japan 中村海人くん

 

この子、「ヒモんちゅ」って言われているのですね???納得です!!!!( 失礼 ) 家に住まわせたいですもん!!( 危ない )私が彼を初めて見たのは株式会社応援屋の時です。なんやあの可愛い顔とまるまるフォルム(頭)の子は!!!めっちゃかわいいやんけ!!!! これが出会いです( 雑 )めちゃくちゃかわいい.....うみんちゅ!(呼びたいだけ) (初めて呼んだ)

 

家の前で、ダンボールに入れられた捨て犬みたいに雨に打たれているのは可愛い顔の青年で、なにも考えずに家に入れてしまってとりあえずお風呂に入れてカップラーメン食べさせて...(アレ.....これって植○図鑑.....?)

 

家に転がり込んできて1ヶ月、仕事から帰ると電気もつけずに寝室の端っこで体操座りしてる海人くんにどうしたの?って聞いたら「お腹すいた....」ってきゅるきゅるおめめで言われた日にはもう.....そのまま外に連れ出します焼肉屋さん連れていきますお肉食べさせてあげるサラダバーとデザートバーまでつけてあげるね!!!(お金ないからあ○やき亭で許して)良いお肉食べさせてあげたいから、わたし必死に働くね!!!!働かなくていいからね!!

 

 

 

暴走気味になってしまいましたがいかがでしたでしょうか。この人に片想いしていたいランキングとか幼馴染ランキングとか前からずっと好きでした付き合ってくださいランキングとか(?) 他にももろもろ出てくるので気が向いたらまた!A.B.C-Zでもやりたいな。

 

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。(シャッッッス!!!!)

 

※あくまでも妄想です、ヒモとか言ってごめんなさい(ジャンピング土下座)

 

深い深い沼の底に居たのは。

 

 

とつかくんを好きになったのはいつだろう。

とつかくんを知ったのはいつだろう。

 

 

ふと思い返そうと思った。

 

 

 

そもそも、とつかくんのことは「とっつー」として認知していた。小学生の頃。ジャニーズに全くもって興味の無い時代。(むしろジャニーズが嫌いだった)

当時のわたしはきっと、約10年後の自分がこんなジャニーズという深い沼に頭のてっぺんまで浸かっているなんて思ってもみないだろう。

 

 

 

 

わたしと戸塚くんの運命の出会い。

 

それは本屋の文芸誌コーナーだった。

 

 

本屋さんには目的もなく足を運ぶことが多い私はある日、ピースの又吉さんのコラムが気になり文芸誌コーナーに向かった。

 

その時手にとった文芸誌の横にある雑誌。

(それがダ・ヴィンチでした)

 

どこかで見たことのある文字。名前。

 

戸塚祥太

 

末広がりで素敵な名前。

A.B.C-Z...... ジャニーズ......

 

 

A.B.C-Zの戸塚くんは連載を持っているのか。

 

どんな文章を書くんだろう。

どんな人なんだろう。

 

 

そして何気なく、そのページを開いたのがすべての始まりだった。ピリピリと、全身に電気のような衝撃が走る。そんな感覚。

 

 

A.B.C-Z 戸塚祥太」という深い深い沼に片足を突っ込んだ記念すべき日。

 

 

 

--------------------------------------------

 

 

 

その日はもう、家に帰ってもご飯食べててもお風呂に入っても戸塚くんの事で頭がいっぱいだった。恋みたいだった。一目惚れと同じ感覚だった。頭がぽけーっとして。

 

 

その日の夜、A.B.C-Zの動画やPVを漁った。いろんな映像を観た。もうその時には既にわたしは戸塚くんから目が離せなくなっていた。

 

 

気づけばもう、彼に魅了されていた。

 

ダンス、歌声、表情。1つ1つに胸がキュンっとして、鼻がツーンとして、涙が出そうになるくらいに。

 

 

 

彼のことを好きになるまでに、そう時間はかからなかった。今思えばきっと、本屋さんで一目惚れしたその瞬間から、わたしの「すき」は始まっていたんだ。

 

 

知れば知るほど好きになる。

噛めば噛むほど味が出る。

年を重ねるにつれて増す色気。

 

 

もちろんかっこいい所も可愛い所もちょっと変わってるけどまっすぐな所もこだわりが強い所も同じパンツいっぱい持ってる所もジャスティンビーバーに影響されまくってる所も冬を前に布団を処分してしまう所もはっしー大好き芸人な所も五関くんを崇拝してる所も塚ちゃんのことが大好きで大嫌いな所も郁人くんと通じ合ってる所も家族を大切にする所も自分に厳しい所も全部ひっくるめて!

 

いや、まだまだあるんですけどね!とつかくんの好きな所なんて言い始めたら止まらないのでココまでにしておきます。

 

 

深い深い沼の底で、頭のてっぺんまで浸かっていますが、本当に幸せな沼です。あったかくて。

 

 

 

これからも、わたしのとつかくんに対する「すき」は止まることなく、転げ落ちるように加速していくでしょう。ブーーーーン!ブンブン!(バイク音)

ジャニヲタロモの手帳大公開SP

 

久々にブログを書きたくなったので、今回は、ジャニヲタOLたろもちが普段使っている手帳の中身を大公開しようではないかと!(ドンドンパフパフ)

 

まず、先にお伝えしますと、私は「無類の文房具好き」です。文房具屋さんに行くと、私のテンションは、夢の国に行ったかのような上がり様になります(それは言い過ぎ)

 

元々文章を書くことも好きだし、お手紙書くのとかとっても好きだし、新しいノートの1ページ目に初めて文字を記す時の、綺麗にかかなきゃ!っていうあのドキドキもだいすきです(結局最終的には汚くなる文字)

 

そんな文房具大好き芸人たろもちが日々一緒に過ごしている手帳達がこちら!どどん!!

 

 

f:id:mocotaro102:20170114012134j:image

 

手帳という手帳はこちらの3冊。

それぞれ使い分けております。

 

まさかの三刀流。

 

 

まず1番左にございますのが、とつピンク色の手帳。普段使いのスケジュール帳として役割を果たしています。このスケジュール帳にはただただ一目惚れ。自担カラーかつシンプルで可愛いデザイン。A.B.C-Z 5周年イヤー。ケーキの絵は、A.B.C-Zくん 5歳のお誕生日おめでとう!の記念でもあります。

 

f:id:mocotaro102:20170114071152j:image

 

プライベートからヲタ現場まで、自身の全スケジュールを管理している手帳ですね。中身はというと、Theシンプル。といっても、まだ2017年始まったばかりなのでまだまだ予定はスカスカな状態ですが。

 

f:id:mocotaro102:20170114070741j:image

 

2016.11〜使えるスケジュール帳だったので、去年11月の割とスケジュールが入っている部分を一部抜粋。ヲタ関係や現場にはかわいいキラキラお星様シールを貼ります。また、スケジュールによって色分けしてマーカーをしたり。

 

自分への投資(美容院やネイル、岩盤浴等)はピンク色、病院系は青色、基本的に「シンプルで見やすい手帳」というのを心がけているのが、この、とつピンク色のスケジュール帳でした。

 

 

 

続きまして真ん中のトラベラーズノートレギュラーサイズ(こげ茶)

 

f:id:mocotaro102:20170114071632j:image

 

この子は一言でいうならば、趣味ノート。私の「だいすき」が詰まったノートなんです。ヲタ活や個人的な趣味である本、手芸、諸々 時間がある時になんでもかんでもぎゅうぎゅうに詰め込んでいるノートです。

 

まだ一緒に過ごし始めて1年ちょっとしか経ってないし、なんせサイズが縦長で大きめ、好きな様にカスタマイズできるのでいろいろなものを詰め込み過ぎてドンドン分厚くなるこの子はあまり持ち運べずお家でお留守番が多いんです。だからまだまだ皮の部分に味が出てきていないし綺麗な状態。もっとツヤと味が出てほしいなあと。今年はちゃんと、荷物に余裕がある日は持ち歩こうと決めています。

 

 トラベラーズノートの良いところは

 

・中身のリフィルを自由にカスタマイズできる

・使えば使うほど味が出る

・世界で1つしかない自分の手帳になる

 

中身を少しずつご紹介。

 

f:id:mocotaro102:20170114072456j:image

 

これもまた2017年始まったばかりでまだまだスカスカの書き始めですが、この趣味ノートにカスタマイズしているマンスリーには発表されたヲタ現場の日程等を書き込んでいます。( これはとつかくんの春から始まる2人舞台、Defiledの全日程が書き込んであります )

 

 

自分はいつ入れるかな〜〜と、振り込み期限前になると通帳横目に頭を抱えながらこのノートとにらめっこです。

 入れそうな部分には印を付けてみたりしてます。

 

また、この趣味ノートを作るにあたって重宝している付箋がコチラ。

 

f:id:mocotaro102:20170114073000j:image

 

コレ、趣味別に分かれた付箋なんです。

 

 

例えば

f:id:mocotaro102:20170114073050j:image

 

本についての付箋。

f:id:mocotaro102:20170114073129j:image

 

こうやって、読んだ本について書き込むことができて、そのままペタペタ貼れる優れもの。

 

f:id:mocotaro102:20170114073418j:image

 

こんな感じでひたすらペタペタ貼っています。

本が好きなので、タイトルで惹かれた本や、とつかくんがオススメしていた本、いろいろな本を読みますが、この付箋を見ると自分がどういったジャンルの本を好んでいるのかが一目でわかるし、逆に自分がこのジャンルの本はあまり読んだことないなあ、とか、次はこんな本を読もうとか、いろいろ浮かんできてとっても楽しいですよ。

 

 

 f:id:mocotaro102:20170114131346j:image

 

これは目標付箋。

 

f:id:mocotaro102:20170114131413j:image

 

達成できるかは別として......

 

f:id:mocotaro102:20170114131509j:image

 

いつか達成できますように.... 笑

 

 切符っぽくてかわいい付箋です。SLT!!

 

 

他には美味しそうなお菓子や料理のレシピを見つけたら切り取ってスクラップしてみたり、行きたいお店やおいしかったパン屋さん、もうなんでもかんでも詰め込んじゃいます!

 

友達から貰ったピックの写真部分とか、銀テープ 、コンサートのレポをまとめたりも。

(左ページはレポが書いてありますが、感情ダダ漏れで恥ずかしいので飛ばします)

f:id:mocotaro102:20170114194852j:image

( 写真ははしとつに萌えたが故の)

 

 

 f:id:mocotaro102:20170114195802j:image

 

 

あと、わたしがとっても好きなページがこのA.B.C-Zから発された、素敵だなって思った言葉をメモするコーナー。

ドル誌のテキストを読んでても、ブログを読んでても、彼らの口から発される言葉ってそれこそ宝石箱。心がキュンとしたり、ハッと気づかされることがあったり、日々たくさんの発見や感動をくれるんですよね、5人は。

大切にしたくって、そのまま読み流さずに、文字として残したいって思って始めてみました。

書ききれないくらい、他にもいっっっぱいあるんですけどね。余裕がある時にカキカキしてます。

 

 

 そしてこれもお気に入りのページ。

ドドン!

 

ハンドメイドページ

f:id:mocotaro102:20170114200429j:image

 

知っている方も居らっしゃるかと思いますが、たろもち、ハンドメイドも趣味の1つです。

 

後に書きますが、もう1冊の黒いトラベラーズノートがこの焦げ茶トラベラーズノートに繋がります。

 

というのも、このページにたどり着くまでに、まず頭に浮かんだ「こんなアクセサリー作りたいな」から始まります。

そして頭に浮かんだアクセサリーのデザインを雑にメモ程度に描く。

それから試行錯誤してカタチにする。

完成品を写真に収め、材料などを覚えておくためにまとめる。

 

ざっくりこんな流れでしょうか。

 

ありがたいことに、友達から購入したいというお言葉を頂けることもあり、いつでも作れるように記録しています。

 

 抜粋したページはこんな感じでした。

 

ちなみにジッパータイプのリフィルにはf:id:mocotaro102:20170114201726j:image

今年の年賀状と

 

f:id:mocotaro102:20170114201731j:image

行き場を無くしたダンシング五関先生やエビバズーカを抱える乳製品大好きトツカショウタがいます。

 

 

そして最後に3冊目の黒いトラベラーズノート(パスポートサイズ)について。

 

f:id:mocotaro102:20170114201605j:image

 

この子はですね、毎日一緒にいます。メモ帳のような感じで使ってます。何でも書きます。どこでも書きます。

やることリスト、忘れちゃいけないメモ、欲しいもの、思ったこと、感じたこと、落書き、現場でのレポ、日記。

 

f:id:mocotaro102:20170114202227j:image

 

これはちょうど昨日のページです (笑)

 

こんな感じで何でも適当に書くノートです。それがさっきのアクセサリー製作にも繋がってくるんです。頭に浮かんだ雑に描いたデザインがカタチなるってとっても楽しいですよ◎

 

 

あ、そうそう。

ペンは普通の安いボールペンなのですが、f:id:mocotaro102:20170114202108j:image

よくみると表面が星空みたいでちょっぴりお気に入りです。そしてなにより書きやすい。

 

 

 

 

f:id:mocotaro102:20170114202555j:image

(オマケ)

去年、たくさんたくさん応援してくれた応援屋さんがくれた名刺、ちゃっかり挟んじゃってます。ノート開くたびに元気貰えます◎

 

 

 

そんなこんなで、こんなつまらない文章をつらつらと書いてしまって、途中で飽きてしまった方も多いかと思いますが最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!!!

 

「キロクに残す、文字として残す、カタチに残す」って、とっても楽しいなって!

 

何気ない生活の中に、こんな楽しみを作ってくれたのもA.B.C-Zのお陰だなあって、つくづく彼らには感謝です。

これからもわたしの「だいすきノート」にいろんなだいすきを詰め込んでいきたいです!!!!!

 

 

 

ありがとうございました!!!

 

(ジャンピングスライディング土下座)

 

6つ目の星が君

 

彼らを好きになるまで「星」というモチーフには特に何の感情も抱いていなかった気がする。

 

彼らを好きになってから、選ぶもの、見つけるもの、気づけば無意識に「星」を探している自分がいるんです。

 

「星」だけではなく、「5」という数字、戸塚くんのピンク色。お店で見かけるだけで、ちょっと気分が上がったり。

 

 

ハンドメイドが趣味のわたしは、彼らを好きになってから、彼らのおかげでいろいろなアイデアを思い浮かべることができた。( といってもただ、彼らモチーフにしたかっただけだし星くっつけただけの簡単なモノしかないけれど )

 

 

f:id:mocotaro102:20161018180755j:image

 

5つの星がギュっと並んだバングル。

 

 

f:id:mocotaro102:20161018180844j:image

 

どうしても、戸塚くんが着けてるアクセサリーを作りたかった。本物買ったら高いのなんの。

なんちゃってゴローズのバングルとグルンと曲げたフェザーリング。

 

 

f:id:mocotaro102:20161018181017j:image

 

郁人くんが着けてた華奢な三つ星リングが作りたかったのです。が、材料不足で1つ星。これはこれでシンプルで好きです。

 

f:id:mocotaro102:20161018181517j:image

 

アクセサリーだけではありません。チクチクソーイングでA.B.C-Zの衣装ストラップもたまに。彼らの衣装ってかわいいんですよね、どの衣装も凝っていてとっても好きです。MWの衣装はメンカラがはっきりしていてとっても可愛い。

 

 

f:id:mocotaro102:20161018181911j:image

 

最近は トトゥカクッキー( TOTUKA )なんてふざけたクッキーまで焼くようになりました。

 

 

 

 

そんなこんなで彼らを好きなって、「モノを作る」ことがいままで以上に好きになりました。

 

 

 

 

保存用に。ここに記させてくださいね。

 

 

好きな理由100こ

 

YUKIちゃんの「ビスケット」という曲が好きです。改めてこの可愛い曲を聴いて、戸塚くんを思い浮かべたら、なんとも言えない、胸がきゅっと締め付けられる感覚に。

 

 
私があなたを好きな理由 

100個ぐらい 正座して

ちゃんと言えるから
ぶかぶかで青い 背の高い

あなたのセーターを掴んだ
想いは強い! 鼓動よ止届け!!

 

 

100こ言ってたら日が暮れるから言わないけど100こぐらい余裕で言えちゃいますよ!戸塚くんの好きなところ!

 

 

 

 

戸塚くんを好きになった大きなキッカケの1つに挙げられるのが彼の紡ぐ言葉。

一度彼の頭の中がどうなってるのか見てみたいって思うくらい、彼が書く文章が好きで好きでたまらないんです。ストレートだけど クセのある、そんな感じのね。

 

 

戸塚くんの、こだわりが強くて少し変わったところもとてもとても好きです。( 同じパンツをたくさん持ってるところ。) ( ジャスティンビーバーの影響をもろに受けているところ。) (デニムを愛しすぎているところ。)

 

 

戸塚くんの声が好きです。

少し掠れた声。語尾に吐息が漏れる歌い方。ちょっとばかりミスチルの桜井さんチックな歌い方。歌っている途中に片目を瞑るところ。

 

 

 

そして。とっても仲間想いなところ。

これに関してはA.B.C-Zの5人全員に共通して言えるだいすきなところなんですけどね。

 

 

 

好きなところありすぎて、書き始めたらキリがない!本当はもっと書きたいところ!でもここでやめておきます!

 

 

戸塚くんが、好きです!

A.B.C-Z が、大好きです!!

 

 

自信を持って、胸を張って、

「この人が好き!この人たちが大好き!」

 

 

って言える自分がちょっと好きになった。

 

 

 

1日一緒に過ごせるのなら

 

暇さえあれば「戸塚くんとデートするならどんな所に連れて行ってくれるんだろう?」なんて考えています、妄想大好きヲタクです、こんにちは。

 

暇なので、戸塚くんとの1日を考えます。

( こんな暇人妄想ヲタクでごめんなさい)

 

 

 

朝、戸塚くんからのLINEで起きます。

 

(^∀^)おはよう!起きてるか!?

 

眠い目をこすりながら、今起きたよって返事をする。そして準備開始。彼はきっとスニーカーを履いてくる。だからわたしもリンクコーデしてみようかな、なんて考えながらスニーカーに合うコーディネートを考えます。

 

支度が出来た頃、戸塚くんが車でお迎えにきました。やっぱりスニーカー履いてきたな、と思いつつ私も同じコンバースのスニーカーを。

 

(^∀^)おっ!スニーカー!いいねぇ〜〜!コンバース!俺と一緒!最高だね!!!やっぱ良いよね、スニーカーって!

 

朝からテンション最高潮な戸塚くんです、可愛いですね。

 

 

特にどこに行くかは考えずに、ゆるっと気分で行動します。まず戸塚くんが本屋さんに行きたいと言い始めたので本屋さんにいくらしいです。伊坂先生が新しい本を出したとのこと。伊坂先生の魅力について、運転しながら熱く語っています。

 

本屋さんに着くと、お目当ての本を見つけた彼。しかし他にも気になる本がたくさん見つかってしまったようで。自分の世界に入っています。没頭してしまうとなかなか抜け出せない彼ですが、その真剣に本を読んでいる横顔がとても好きで。ちょっとこのまま眺めていたいなあ、なんて思いつつ、「ねぇ〜まだ行かないの??いつまで読むつもり〜〜?」と拗ねてみたり。すると彼は 「ごめんごめん〜〜つい夢中になっちゃった、ごめんね」って眉毛をハの字に下げて笑うんです、 頭ぽんぽんってするんです、そんなの許すに決まってますよね、ズルい!

 

お昼ご飯はパスタ。彼はパスタ好きすぎ人間なので、デートでのお昼ご飯は8割パスタがあるお店です。

 

 

「さぁこの後どうしようか?」との彼の問いかけに、私は映画を提案しました。映画なんてまさにデートって感じ。「すごくデートって感じがするね。何観ようか。」

映画好きな彼は見たい映画がたくさんあるようで。見る映画が決まり、ドリンクとポップコーンを1つ半分こ。「キャラメル味がいい!」っていう私に「ポップコーンは塩に決まってる。ポップコーンの基本は塩だぞ?ベーシックな塩で攻めるのが日本人だろ!」とまたポップコーンの塩味について熱く語り始めるのですが、結局、「ま、男としては女の子の意見を尊重するのが基本だし、今回はキャラメル味にしようと思うけど?」ってキャラメル味にするんですけどね。

 

映画終わりの車内は彼による、映画の評論会が始まります。それを助手席でひたすら聞いているのがわたしの役目です。でも途中から眠くなってきてしまって。ウトウトしちゃうんです、ごめんね。でもそんなウトウトしている私に気づいて車内のBGMのボリュームを下げてくれる、「 眠たくなっちゃったんだね。寝てていいよ〜」って小さく呟くのがかすかに聞こえたけどそのまま夢の中へ。

 

起きると戸塚くんのお家の前です。

「平気?まだ時間大丈夫?」彼は一応帰りの時間を気にかけてくれます。「 もう少し一緒に居たいな〜〜なんて思っちゃってね〜〜上がってく?どうする?あれなら家まで送るけど?」

 

そんなこと言われたら!というか一緒に居たいに決まってるじゃない!と思いながら、彼の家にお邪魔します。

 

部屋に入ると柔軟剤の香りと微かに香るタバコの匂い。結局家に居ても、お互い一緒に何かする訳でもなく。お互いよそ事してるけど、ただ一緒の空間にいることが好きみたい。彼は買った本を読み、私はボーッとテレビをみる。

 

「あ、もうこんな時間. . . いつも通り個人プレー入ってごめんね?もう帰る?」と彼。

 

「明日の朝帰ろっかな〜〜ダメ?」そう私が言うと、

 

「朝帰りなんて 悪い子。」って呟きながら、髪をすっと撫でる彼の表情はなんとも言えない、照れたような、色気のある、そんな表情で。

 

私が眠りにつく瞬間まで、彼は起きていてくれる。ふと見上げると優しい顔が降ってきて。「眠れない?」そう呟くと柔軟剤の香りと彼の男らしく大きな身体にギュッと包まれます。

 

夢で待ち合わせしようね。

 

 

 

お粗末様でした。 ( 土下座 )

 

 

 

夢がさめて

 

たろpod (ipodをこう呼んでいます) から

クリスハートさん × 松田聖子さんの

「夢がさめて」が流れてきました。

 

この曲を聴くと、いつも「寝盗られ宗介」がフラッシュバックするんです。

 

というわけで、寝盗られ宗介の懐古を。

 

 

 

原作を読んでから舞台観劇に挑んだものの、原作はかなり難しく描かれていた為になかなか掴めなかったのですが、実際に観劇をすると、それはもうとても深くて美しい。そんな舞台でした。

 

私は戸塚くんが赤だしモード全開の刈谷公演で観劇。

 

開演の合図。まずは音楽とともに画面に映し出されるオープニング。

ああ、いよいよ始まるんだ。胸が高鳴ります。

 

 

そして舞台の幕が開きます。舞台に佇むオールバックの戸塚くんから醸しだされる色気といったら。胸の中をツンとつつかれるような気持ちになるんです。そして和服がとても似合うんですよね、さすが日本男児。色気があり、かつ芯の通った価値観を持つ ”The日本男児み” のある戸塚くんだからでしょうか、人一倍和服が似合います。

 

 

舞台の内容については語彙力がない私には到底書けそうにありません、が、心に残った場面があるんです。

 

「幸せでした。あなた様の側にいられるだけで、お志摩はほんに幸せでした。」

この台詞がすごく忘れられなかった。

切なくて苦しくて。

 

宗介とレイ子の場面で、「お志摩. . . 」そう呟く宗介の台詞があったのですが、戸塚くん(北村宗介)の口から吐かれた、その3文字の一言がとても印象的で。彼の想いがぎゅっと詰まったというか、感情がずしっと乗ったような。その彼が呟いた一言が、ドン!っと私の胸にのしかかってきました。

 

 

飛んで最後のエンディング。

白無垢姿のレイ子の美しさには息をのみました。鳥肌が立ち、鼻がツーンとして涙がこみ上げてきました。

そしてエンディングソングである「夢がさめて」をバックに、その白無垢姿のレイ子を愛おしそうに見つめながら抱きしめる宗介の表情がこの世のものとは思えないほど優しくて優しくて。その優しい顔をした宗介、戸塚くんを見た瞬間に、そのこみ上げてきていた涙がポロポロと頬を伝っていきました。

 

 

胸がいっぱいになって本編が終了。そしてまた幕が開き、立ち上がって拍手に包まれる会場。舞台の真ん中で黒いタキシードを見に纏い、堂々とした表情の「座長 戸塚祥太」を目にした瞬間、またしても溢れ出る涙をハンカチで拭いながら、本当に彼を好きになってよかった、彼に出会えて、彼が演じる北村宗介に、20代最後という特別な節目の年の戸塚くんに、座長に、 「寝盗られ宗介」という舞台に、23歳の今、出会えてよかったなと。そう思いました。

 

 

そして会場を後にし友人と別れた後、電車ですぐさま「夢がさめて」をiphoneに取り込んでしまったのが間違いでした。愛しい人を抱きしめる優しい彼の表情が脳裏を駆け巡り、電車の中なのに涙が溢れそうになりました。

 

 

これからもきっと、宗介マジックという夢からさめることは難しそうです。